スマートフォン版へ

「オルフェーヴルに出会えて、本当に良かったです」/有馬記念レース後コメント

  • 2013年12月22日(日) 17時35分
また一つ、伝説が生まれた。第58回有馬記念は、8馬身差の衝撃的な強さを見せつけて、オルフェーヴルが勝利。4コーナーを回りながら早め先頭に立った時には、スタンドからどよめきが起こったけれど、展開も、馬場も、他の馬たちも全く問題にせず、圧倒的な強さでラストランを飾った。

ゴール後には11万を超える競馬ファンから『池添コール』が巻き起こり、その後大きな拍手を挟んで、盛大な『オルフェコール』で迎えられた。これがラストラン。多くのファンが望んだ以上の結末だったのではないだろうか。

池添謙一騎手
「競馬場に集まってくれたファンの皆さんに、オルフェーヴルが一番強いということを見せられて嬉しいです。

レースはゴールドシップの後ろで我慢して、若干動くのが早いかなと思ったんですけど、自信を持って乗りました。菊花賞でもこういう乗り方をしているので、大丈夫だと思いました。一頭になってからも、しっかりと反応して頑張ってくれましたね。

ラストランでもこんなに強いレースを見せてくれて…。本当にお疲れ様でしたと言いたいです。僕はオルフェーヴルが世界で一番強いと思います!オルフェーヴルに出会えて、本当に良かったです」

池江泰寿調教師
「最高の位置取りでしたし、謙一くんが落ち着いて乗ってくれましたね。
昨年の秋よりもゆったりとした調整でしたが、凱旋門賞で仕上げた後だったので、調整は難しかったです。昨年のジャパンカップよりは断然状態は良かったのですが、それでも8分くらいの出来でした。能力の高さで頑張ってくれましたね。

オルフェーヴルは家族のような、かけがえのない存在です。本当にありがとうと言いたいです」


◆2着はオルフェーヴルの同期、4番人気ウインバリアシオンが追い込んだ。

岩田康誠騎手
「よく走ってくれましたよ。少し出した分、多少力んだんですが、すぐに折り合ってくれました。やっぱり能力ありますね。今日は相手が強すぎました。この馬も頑張ってます」

◆3着は2番人気ゴールドシップ。今回は初めて深いブリンカーを着けてレースに挑んだ。

須貝尚介調教師
オルフェーヴルが抜けて強かったですけど、1度でも戦えて光栄です。

ムーア騎手とも話したのですが、本当は馬群の内に入れたかったんですが、枠もあって入れられなかったそうです。オルフェーヴルが先に動いた時には『早すぎる』と思ったそうですが、結果的にはあそこがポイントでしたね。

でも、ブリンカーも効いてましたし、最後までよく伸びてくれました。この後は一回休ませて、次のレースはゆっくり考えます」

◆4着ラブイズブーシェ

武豊騎手
「前半は付いて行けなかったんですけど、最後の直線で外に出したらよく伸びてくれました。このメンバーで、たいしたものです。いずれ、重賞を勝てると思いますよ」

◆6着カレンミロティック

戸崎圭太騎手
「結果的には、行っても良かったのかもしれません。ルルーシュが行ってくれたので、リズム良く自分のペースで運べたと思います。ただ、3,4コーナーで馬場が荒れていて、脚を取られてしまいました。ここまで踏ん張ってくれて、よく頑張ってくれましたね」

◆9着テイエムイナズマ

・ミルコ・デムーロ騎手
「折り合いが難しいと聞いていたんですけど、今日はスムーズでした。このメンバーでよく頑張ってくれましたね」

10着ヴェルデグリーン

田辺裕信騎手
「状態は良かったですし、ポジション的に強い馬をマークして行けたんですけど、勝負所で手応えが違いました。この相手でやるには、さらにパワーアップが必要ですね」

◆11着アドマイヤラクティ

・クレイグ・ウィリアムズ騎手
「思っていたような位置取りでレースが出来たんですけど、コーナーコーナーで馬場が悪くて脚を取られてしまいました。4コーナーでは狭くなって下がってしまったので、あれがなければもう少し頑張れたと思います」

(取材:赤見千尋)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す