スマートフォン版へ

ディサイファの小島太師「来年は本物になる」/中山金杯

  • 2013年12月28日(土) 12時00分
 13年は4勝を挙げてオープンにまで上り詰めたディサイファが重賞初制覇を狙う。小島太師は「(重賞で2着5回のアドマイヤタイシなど)兄を見ても奥手の血統。来年は本物になる。こちらが思っている以上に強くなるのでは」と期待を寄せる。27日は美浦坂路で追われ4F51秒7-37秒8-12秒5を記録。「状態には太鼓判を押せる」と力を込めた。

 明け7歳でも衰えはない。コスモファントムは栗東坂路で4F55秒4-40秒2-13秒2を計時。「順調。少しずつ良くなっているんじゃないかな」と宮師はうなずく。11年のこのレースの覇者。2年間勝ち鞍がないが「ディセンバーS(11着)は悪い内容ではなかった。斤量が59キロで反応がひと息だっただけ。今回は56キロなので」と0秒5差だった前走からの前進を狙う。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す