スマートフォン版へ

GI馬アルフレードが大和Sで復帰/美浦トレセンニュース

  • 2014年01月09日(木) 18時40分
 右前浅屈腱炎のために休養していたアルフレードが、1月11日(土)、京都11Rの大和S(4歳以上OP・ダ1400m)で、2012年5月27日の日本ダービー以来、約1年7か月振りに復帰する。2011年の朝日杯フューチュリティS(GI・芝1600m)に優勝し、その年の最優秀2歳牡馬に輝いた同馬だが、脚元も考慮して、ダート戦からの始動となった。

「この時期でこれだけ毛ヅヤが良いのだから、体調も良いんだろうね。脚元も大丈夫だし、ダートも走ると思いますよ」と担当の滝沢政司厩務員。40キロ近く馬体重も増えているが、決して太く見えないという。

管理する手塚貴久調教師は「結構乗り込んでいますから、息もできていますよ。坂路でやっていますが、さすがGI馬というすごい動きをしています。乗っている助手は、3歳の春よりも状態は良く感じると言っていました。1400mは少し忙しいかもしれませんが、外枠でも引いてゆったりと行ければと思います。40キロほど増えていますが、見た目は太くありませんし、プラス10キロくらいの感じではないでしょうか。これだけ乗り込んできても、今のところ脚元も大丈夫ですね。ダートも走ると思いますし、良いところがありそうですよ」と、手応えを感じている様子。久々の実戦に向けて、仕上がり具合は上々のようだ。(取材・写真:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す