スマートフォン版へ

エアソミュールが完勝、角居師は「きょうのレースぶりなら重賞でも」/白富士S

  • 2014年02月02日(日) 12時00分
 東京11R・白富士S(芝2000m)は好位を追走した2番人気のエアソミュール(栗東・角居)が直線で楽々と抜け出し、2馬身差でV。オープン特別2連勝で8勝目をマークした。勝ちタイムは1分59秒8。2着は6番人気のアロマカフェ、さらに半馬身差の3着には3番人気のサムソンズプライドが入った。なお、1番人気のワールドエースは直線で伸び切れず5着に敗れた。

 JRA通算200勝のメモリアルVとなった戸崎圭は「自信を持って乗った。道中は折り合って我慢ができていた」と笑顔。角居師は「いったん(宮城県の)山元トレセンに放牧に出す予定。きょうのレースぶりなら重賞でも」と手応えを口にしていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す