スマートフォン版へ

貫禄勝ちのジャスタウェイ須貝師「世界の強豪相手に頑張りたい」/中山記念

  • 2014年03月03日(月) 12時00分
「第88回中山記念・GII」(芝1800m)は2日、中山11Rに15頭で争われ、昨秋の天皇賞馬で2番人気のジャスタウェイ(栗東・須貝)が、直線最内から鋭く伸びて快勝。GI馬の貫禄をみせつけ、次戦のドバイデューティフリー(29日・UAEメイダン、芝1800m)へ弾みをつけた。道中は好位のインでじっくりと脚を温存。直線に入ると、そのまま内ラチ沿いからメンバー最速の上がりで豪快に突き抜けた。勝ちタイムは1分49秒8。3馬身半差の2着は4番人気のアルキメデス、さらに、鼻差の3着には3番人気のロゴタイプが入線。なお、1番人気のトウケイヘイローはスタートで出遅れながらもハナに立ったが、踏ん張りが利かず6着に敗れた。

「狭いところに入ったけど、馬が強いからあんなところから出てこられる。やっぱりすごい馬です」。騎乗停止中の福永のピンチヒッターを無事に務め終えてホッとした口ぶりで振り返った横山典。「スタートは速くなかったが、中山のセオリー通り前々で競馬をした」というベテランならではの気配りで横綱相撲をアシストした。

 須貝師も「さすが一流ジョッキー。ジャスタウェイの強いところを引き出してくれた」と頼りになる名手に賛辞を惜しまない。

 けた外れの強さで復帰戦を制して、次走は予定通りドバイデューティフリーへ。「いい形で代役を務められた。ドバイでも頑張ってもらいたい」と横山典。「着差以上に強い勝ち方だった。(福永)祐一に戻るが、世界の強豪相手に頑張りたい」と須貝師は力を込めた。次は海外の大舞台で豪脚を存分に発揮する。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す