スマートフォン版へ

ブライトラインは5着 勝ったのは南アのヴァライエティクラブ/ゴドルフィンマイル

  • 2014年03月29日(土) 22時15分
 現地時間29日、ドバイ・メイダン競馬場で行われたゴドルフィンマイル(4歳上・GII・オールウェザー1600m・15頭・1着賞金60万米$)に、日本のブライトライン(牡5、栗東・鮫島一歩厩舎福永祐一騎手)が出走。

 道中は好位の外で進め、直線でも残り100mまでは3番手で踏ん張ったものの、ここから後続2頭に交わされ5着に終わった。勝ったのは、逃げ切りを決めた南アフリカの年度代表馬ヴァライエティクラブ(牡5、南ア・J.ラムズデン厩舎、A.マーカス騎手)。勝ちタイムは1分37秒28。

 2着には同じく南アフリカのソフトフォーリングレイン(牡4、南ア・M.デコック厩舎、P.ハナガン騎手)、3着には日本でもおなじみのC.ルメール騎手が騎乗していたフローティラ(牝4、仏・M.デルザングル厩舎、C.ルメール騎手)が入った。

ブライトラインを管理する鮫島一歩調教師のコメント】
 状態がよかっただけに、いいスタートを切ってハナをとれればと考えていたんですが…。

 切れる脚がないだけに、このメンバーが相手だと、スッと前につけて、じわじわ伸びるような競馬ができないと厳しいですね。


【騎乗した福永祐一騎手のコメント】
 ゲートボーイとのタイミングが合わず、スタートがうまくいきませんでした。

 それでもそのあとはスムーズで、ペースが遅かったから、外枠から3番手につけて、4コーナー回るときこれならと思ったけどね。最後ちょっと伸び負けてしまって。前の2番手の馬が外によってきて、脚がかかりそうで、最後に追えなかった。

 でも初めての海外遠征で力は出してくれました。

【日本馬プロフィール】
ブライトライン(牡5)
騎手:福永祐一
厩舎:栗東・鮫島一歩
父:フジキセキ
母:シェリーズスマイル
母父:キングオブキングス
馬主:ノースヒルズ
生産者:ノースヒルズマネジメント
通算成績:24戦6勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2013年みやこS(GIII)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す