スマートフォン版へ

ジャスタウェイがレコードタイムを大幅に更新して圧勝!/ドバイデューティフリー

  • 2014年03月30日(日) 01時45分
 現地時間29日、ドバイ・メイダン競馬場で行われたドバイデューティフリー(4歳上・GI・芝1800m・13頭・1着賞金300万米$)に、日本のジャスタウェイ(牡5、栗東・須貝尚介厩舎福永祐一騎手)、トウケイヘイロー(牡5、栗東・清水久詞厩舎武豊騎手)、ロゴタイプ(牡4、美浦・田中剛厩舎、C.デムーロ騎手)が出走。

 レースは、トウケイヘイローが引っ張り、ロゴタイプが先団の外、ジャスタウェイは後ろから3番手辺りにつけるという展開。直線に向いてトウケイヘイローが後続に並ばれ苦しくなったところで、一番外に出したジャスタウェイが一気に先頭に躍り出ると、あとは後続を突き放す一方。1分45秒52と、従来のレコードを2秒以上更新しての圧勝で海外GI制覇を果たした。

 ロゴタイプは直線伸びきれず6着、トウケイヘイローは7着だった。なお、2着には南アフリカのウェルキンゲトリクス(牡4、南ア・M.デコック厩舎、C.スミヨン騎手)、3着にはイギリスのダンク(牝5、英・M.スタウト厩舎、R.ムーア騎手)が入った。

ジャスタウェイを管理する須貝尚介調教師のコメント】
 今回のレースに当たって二つのプランを準備していました。枠も内なので(中山記念のような)好位につけるレースと位置取りが後ろになった場合、天皇賞・秋と同じようなレースを、と考えていました。今回は後ろからの競馬になりましたが、それをうまく福永君が誘導してくれました。

 また今回、ジャスタウェイがドバイの地に来たことはドバイシーマクラシックを勝ったハーツクライの仔であることも何かの縁なのかな、という思いもあります。

 次走は、安田記念を考えていますが、海外のプランもあります。

ジャスタウェイに騎乗した福永祐一騎手のコメント】
 スタートしてからあまり出て行こうとしなかったので、馬のリズムに合わせたポジションを取りました。自分のイメージよりは後ろのポジションになりましたが、スミヨンの馬(2着のウェルキンゲトリクス)は強い馬だと知っていたので直線まで付いていこうと考え、うまくスムーズに直線まで行くことが出来たので良かったです。

ロゴタイプを管理する田中剛調教師のコメント】
スタートがあまり良くなく、出負けした感じです。道中つらいシーンもありましたが、がんばって伸びてくれました。馬にとって大きな経験だと思います。

ロゴタイプに騎乗したC.デムーロ騎手のコメント】
トウケイヘイローの速いペースに一緒について行ってしまいました。この馬のペースで走れず、今日は途中で疲れてしまったようです。直線に入って伸びてはいるものの、いつもの伸びはありませんでした。

トウケイヘイローを管理する清水久詞調教師のコメント】
スタートが上手くいき、逃げることが出来ました。自分のスタイルでレースができましたが、完敗です。

トウケイヘイローに騎乗した武豊騎手のコメント】
スタートからずっと力んでいました。その分ラストでスタミナが切れてしまいました。状態は良かったので、それだけに残念です。

【日本馬プロフィール】
ジャスタウェイ(牡5)
騎手:福永祐一
厩舎:栗東・須貝尚介
父:ハーツクライ
母:シビル
母父:Wild Again
馬主:大和屋暁
生産者:社台コーポレーション白老ファーム
通算成績:18戦5勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2013年天皇賞(秋)(GI)

トウケイヘイロー(牡5)
騎手:武豊
厩舎:栗東・清水久詞
父:ゴールドヘイロー
母:ダンスクィーン
母父:ミルジョージ
馬主:木村信彦
生産者:中村和夫
通算成績:21戦8勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2013年札幌記念(GII)

ロゴタイプ(牡4)
騎手:C.デムーロ
厩舎:美浦・田中剛
父:ローエングリン
母:ステレオタイプ
母父:サンデーサイレンス
馬主:吉田照哉
生産者:社台ファーム
通算成績:12戦5勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:2013年皐月賞(GI)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す