スマートフォン版へ

日本勢は完敗、地元のアフリカンストーリーが優勝/ドバイワールドカップ

  • 2014年03月30日(日) 03時13分
 現地時間29日、ドバイ・メイダン競馬場で行われたドバイワールドカップ(4歳上・GI・オールウェザー2000m・16頭・1着賞金600万米$)に、日本のベルシャザール(牡6、栗東・松田国英厩舎、C.ルメール騎手)と、ホッコータルマエ(牡5、栗東・西浦勝一厩舎幸英明騎手)が出走。

 レースは、ホッコータルマエが2番手、ベルシャザールが中団のインにつけるも、4コーナーでホッコータルマエは手応えがなくなり失速、ベルシャザールもポジションが下がり、結果ベルシャザールは11着、ホッコータルマエは16着に終わった。勝ったのは地元UAEのアフリカンストーリー(セ7、UAE・S.ビン・スルール厩舎、S.デソウサ騎手)で、勝ちタイムは2分1秒61。

 2着にはイギリスのムカドラム(牡5、英・W.ハガス厩舎、P.ハナガン騎手)、3着には地元のキャットオマウンテン(セ4、UAE・C.アップルビー厩舎、M.バルザローナ騎手)が入った。

【日本馬プロフィール】
ベルシャザール(牡6)
騎手:C.ルメール
厩舎:栗東・松田国英
父:キングカメハメハ
母:マルカキャンディ
母父:サンデーサイレンス
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム
通算成績:18戦6勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2013年ジャパンCダート(GI)

ホッコータルマエ(牡5)
騎手:幸英明
厩舎:栗東・西浦勝一
父:キングカメハメハ
母:マダムチェロキー
母父:Cherokee Run
馬主:矢部道晃
生産者:市川ファーム
通算成績:25戦12勝(重賞9勝)
主な勝ち鞍:2013年帝王賞(GI)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す