スマートフォン版へ

前年クラシック馬対決はキズナに軍配!直線一気の快勝/大阪杯

  • 2014年04月06日(日) 17時15分
 6日、阪神競馬場で大阪杯(4歳上・GII・芝2000m)が行われ、道中は最後方に構えた武豊騎手騎乗の2番人気キズナ(牡4、栗東・佐々木晶三厩舎)が、直線で脚を伸ばして各馬を抜き去り、最後は道中2番手から抜け出し粘る6番人気トウカイパラダイス(牡7、栗東・田所秀孝厩舎)を捕らえ、これに1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分0秒3(良)。

 さらにクビ差の3着には、脚は伸ばしたもののトウカイパラダイスを交わしきれなかった1番人気エピファネイア(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)が入った。なお、3番人気メイショウマンボ(牝4、栗東・飯田祐史厩舎)は7着に終わった。

 勝ったキズナは、父ディープインパクト母キャットクイルその父Storm Catという血統。昨年の日本ダービー馬で、ダービー後に凱旋門賞に挑戦すべく海外遠征を敢行。結果は4着だったものの、前哨戦のニエル賞では英ダービールーラーオブザワールドを破っており、その実力を世界に示した。凱旋門賞後は有馬記念には出走せず休養となったが、その休養明け・4歳緒戦となったここを制して、順調なスタートを切った。

【勝ち馬プロフィール】
キズナ(牡4)
騎手:武豊
厩舎:栗東・佐々木晶三
父:ディープインパクト
母:キャットクイル
母父:Storm Cat
馬主:前田晋二
生産者:ノースヒルズ
通算成績:10戦7勝(重賞5勝)
主な勝ち鞍:2013年日本ダービー(GI)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す