スマートフォン版へ

種牡馬ジャイアントレッカーが死亡

  • 2014年04月11日(金) 10時00分
 カナディアンターフH(米G3、芝8.5F)の勝馬で、北海道浦河町のイーストスタッドで種牡馬生活を送っていたジャイアントレッカー(12歳、父ジャイアンツコーズウェイ)が9日の種付後に倒れ、死亡した。現役時代は、おもに米国の芝コースで走って2〜6歳時に通算28戦6勝。カナディアンターフHに勝ったほか、オーシャンポートS(米G3、芝8.5F)、マイアミマイルBCH(米G3、芝8F)で2着。

 2009年からイーストスタッドで種牡馬となり、現4歳世代が初産駒。4月10日までに中央、地方あわせて26頭の勝馬を送っていた。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す