スマートフォン版へ

ハープスターが桜の女王に、川田「ゴールまでに全部つかまえられると」/桜花賞

  • 2014年04月14日(月) 12時00分
 3歳牝馬クラシック第1弾「第74回桜花賞・GI」(芝1600m)は13日、阪神11Rに18頭で争われ、単勝1.2倍の1番人気ハープスター(栗東・松田博)が桜冠を手にした。レースは最低人気のフクノドリーム(15着)が大逃げを打つ展開。残り1Fを過ぎても先頭に立っていたが、ラスト100mで形勢が大きく変わった。2歳女王のレッドリヴェール(2番人気)、5番人気のヌーヴォレコルトが抜け出しを図るところをハープスターが大外から一気に差し切り、栄光のゴールを駆け抜けた。勝ちタイムは1分33秒3。首差の2着はレッドリヴェール、さらに3/4馬身差の3着はヌーヴォレコルトが入った。

 川田は「ホッとしましたね。これだけの馬に乗せてもらっていますし、結果を出せて良かったです」と人気に応え、安堵(あんど)の笑みを浮かべる。「ゴールまでに全部つかまえられると思ったし、“ヤバイ”と考えた瞬間はなかった」と言い切った。

「最高にうれしいです。やっぱり強いと思いました。一瞬のスピードが違う」。松田博師に、満開の笑顔が咲いた。師にとっては93年ベガ、09年ブエナビスタ、11年マルセリーナに続く4頭目の桜花賞馬の誕生。しかし、新たな桜の女王にはとりわけ思い入れが強いに違いない。オークスも制し、2冠牝馬となった祖母のベガは99年ダービーアドマイヤベガなど優秀な牡馬を残したが、最後に産み落としたのが唯一の牝馬。それがハープスターの母となるヒストリックスターだった。“忘れ形見”が受け継いだ名牝の勝負強さは、大一番で余すところなく発揮された。「あの子の血を引いているだけに…感動しますね」。在りし日の祖母の姿をだぶらせ、目を細めた。

 オーナーサイドは次戦をオークス(5月25日・東京、芝2400m)と発表し、改めて凱旋門賞・仏GI(10月5日・ロンシャン、芝2400m)挑戦も明言。目指すは父ディープインパクトや、オルフェーヴルですら届かなかった世界の頂。さっそうと登場した3歳牝馬が、日本競馬の歴史を鮮やかに塗り替える。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す