スマートフォン版へ

イスラボニータが完勝、鞍上蛯名「馬を信じて乗った」/皐月賞

  • 2014年04月21日(月) 12時00分
「第74回皐月賞・GI」(芝2000m)は20日、中山11Rに18頭で争われ、2番人気のイスラボニータ(美浦・栗田博)が、鮮やかに抜け出し牡馬クラシック第1弾を制した。道中は中団で脚を温存。抜群の手応えのまま直線に向くと、蛯名のアクションに応えるようにグングン脚を伸ばし、2着以下に1馬身1/4差をつける完勝劇を演じた。勝ちタイムは1分59秒6。1番人気のトゥザワールドは3番手から抜け出しを図ったが、勝ち馬の勢いに圧倒される形で2着に敗戦。さらに半馬身差の3着には、果敢にハナを奪った8番人気のウインフルブルームが粘り込んだ。なお、4着ワンアンドオンリー(4番人気)までの上位4頭が、ダービー(6月1日・東京、芝2400m)への優先出走権を獲得した。

「中山は初めてで対戦していない馬もいたが、馬を信じて乗った。新馬戦以来の折り合い(のつき方だった)だった」。勝因を聞かれた蛯名は、何度も“折り合い”のフレーズを繰り返した。父フジキセキ×母の父コジーンというスピード色の濃い血統。それでも、やんちゃな気性を爆発力に変えてつかんだ1冠目。「次にもう1本ある。そこへ向けて頑張りたい」と鞍上は早くもダービーへ思いをはせる。

 80年の開業以来、34年かけてようやくクラシックを手に入れた栗田博師も万感の表情を浮かべる。「車の中でスティービー・ワンダーの『心の愛』を聞いてきた。タレンティドガールが(87年エリザベス女王杯を)勝った時にもらったCDです」。

 『心の愛』が84年に発表された直後は厩舎の絶頂期。86年ダービーグランパズドリームが2着、93年天皇賞・秋ヤマニンゼファーが制した。久々に訪れた頂点への道。だが、すっかり円熟味を増したトレーナーはニヤリ笑ってつぶやいた。「トシを取ったせいか、自然体が一番。プラス2F(の距離)をうまく克服してくれれば…」。6週間後の大一番でホースマン最高の栄誉を狙う。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す