スマートフォン版へ

ワールドエース復活V!約2年1ヶ月ぶりの勝利/マイラーズカップ

  • 2014年04月27日(日) 17時58分
 27日、京都競馬場でマイラーズカップ(4歳上・GII・芝1600m)が行われ、好位でレースを進めたA.シュタルケ騎手騎乗の3番人気ワールドエース(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)が、直線で前を捕らえて抜け出し、中団から差を詰めた1番人気フィエロ(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分31秒4(良)で、コースレコード。

 さらに2馬身差の3着に2番人気エキストラエンド(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)が入った。

 勝ったワールドエースは、父ディープインパクト母マンデラその父Acatenangoという血統。3歳時は皐月賞2着、日本ダービー4着とクラシック戦線で活躍したが、ダービー後に屈腱炎を発症してしまい、長い休養に入ることとなった。今年2月の復帰緒戦は5着に終わったものの、ここで見事な復活を遂げて、3歳時の若葉S以来となる約2年1ヶ月ぶりの勝利を果たした。

【勝ち馬プロフィール】
ワールドエース(牡5)
騎手:A.シュタルケ
厩舎:栗東・池江泰寿
父:ディープインパクト
母:マンデラ
母父:Acatenango
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
通算成績:8戦4勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2012年きさらぎ賞(GIII)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す