スマートフォン版へ

トウケイヘイローは4着 勝ったのは香港のダンエクセル/シンガポール航空国際C

  • 2014年05月18日(日) 21時46分
 現地時間18日、シンガポール・クランジ競馬場で行われたシンガポール航空国際C(3歳上・GI・芝2000m・12頭立て・1着賞金171万星$)に、日本のトウケイヘイロー(牡5、栗東・清水久詞厩舎四位洋文騎手)が出走。

 レースは、トウケイヘイローが予定どおり先手を取って最後の直線を迎えたものの、粘り切ることができず4着に終わった。勝ったのはT.ベリー騎手騎乗のダンエクセル(セ6、香港・J.ムーア厩舎)。

 2着はフランススモーキングサン(牡5、仏・P.バリー厩舎)、3着は昨年の勝ち馬で1番人気のミリタリーアタック(セ6、香港・J.ムーア厩舎)だった。

【関係者コメント】

四位洋文騎手
「ゲートがうるさいと聞いていたんですが、よくがまんしてくれました。道中かなり力んで走っていて、ケンカをしないように、札幌記念のレースを意識して走りました。ドバイからの間隔が短い中で、よくがんばってくれたと思います」

清水久詞調教師
「昨日も今朝もゲート入りの練習をして、ちょっと嫌がるところを見せていたんですけど、競馬では一旦躊躇したくらいでうまく入ってくれて、中で待たされたんですけど何事もなく辛抱していました。スタートもジョッキーが上手に決めてくれました。

外目の枠からのスタートで、香港で一緒に走った馬もいますし、簡単には行かせてもらえないとは思ってたんで、(先頭に立つまで脚を使ったのは)仕方がなかったと思っています。道中はちょっとムキになるところは見せていましたけど、この馬のスタイルで競馬ができたと思います。

ジョッキーがうまく3コーナー手前から離してくれて、この馬の展開で、よしよしと思ったんですけど……。1コーナーまで行き切るのに脚を使ってますし、このメンバーを相手によく頑張ったと思います」

【日本馬プロフィール】
トウケイヘイロー(牡5)
騎手:四位洋文
厩舎:栗東・清水久詞
父:ゴールドヘイロー
母:ダンスクィーン
母父:ミルジョージ
馬主:木村信彦
生産者:中村和夫
通算成績:22戦8勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2013年札幌記念(GII)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す