スマートフォン版へ

ハープスター退けた!ヌーヴォレコルトが女王の座を奪取!/オークス

  • 2014年05月25日(日) 18時56分
 25日、東京競馬場でオークス(3歳・牝・GI・芝2400m)が行われ、中団でレースを進めた岩田康誠騎手騎乗の2番人気ヌーヴォレコルト(牝3、美浦・斎藤誠厩舎)が、直線に入って初めこそ狭いところにいたものの、進路を確保してから脚を伸ばして残り200m地点で抜け出し、大外から猛追する1番人気ハープスター(牝3、栗東・松田博資厩舎)をクビ差退けて優勝した。勝ちタイムは2分25秒8(良)。

 さらにクビ差の3着には、内を抜けてヌーヴォレコルトを追った3番人気バウンスシャッセ(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)が入った。

 勝ったヌーヴォレコルトは、父ハーツクライ母オメガスピリットその父スピニングワールドという血統。チューリップ賞で2着、桜花賞で3着とハープスターの後塵を拝してきたが、この大一番で見事逆転を果たし、女王の座に輝いた。また、鞍上の岩田康誠騎手は、この勝利で5大クラシック制覇を達成した。

【勝ち馬プロフィール】
ヌーヴォレコルト(牝3)
騎手:岩田康誠
厩舎:美浦・斎藤誠
父:ハーツクライ
母:オメガスピリット
母父:スピニングワールド
馬主:原礼子
生産者:社台ファーム
通算成績:6戦3勝(重賞1勝)

【勝利ジョッキー・岩田康誠騎手のコメント】
 馬の状態も良く落ち着きもあったので、正攻法で負けたら仕方が無いという競馬をしました。本当に賢い馬で折り合いもつきますし、左回りも上手なので距離は保つと思いました。

 (レースでは)終始リラックスして4コーナーを迎えて、直線で前が空くのを待って追い出しました。内(バウンスシャッセ)と外(ハープスター)の気配は感じていましたけど、馬の余力は残っていたので、なんとかもってくれと思っていました。

 (5大クラシックを制覇して)それ自体は嬉しいのですが、自分のふがいない騎乗で後藤(浩輝)騎手に怪我をさせてしまったのを反省しています。1日も早い復帰を願っています。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す