スマートフォン版へ

ゴールドシップが横山典弘騎手とのコンビで宝塚記念連覇を目指すことに

  • 2014年05月27日(火) 21時30分
 4日の天皇賞・春で7着に終わったゴールドシップ(牡5、栗東・須貝尚介厩舎)が、次走の宝塚記念横山典弘騎手とのコンビで臨むことが、同馬を管理する須貝尚介調教師より発表された。

 横山騎手がデビューから定年による厩舎解散まで所属していた石栗龍雄厩舎と、ゴールドシップのオーナーである小林英一氏との縁により今回の起用が決まった。

【プロフィール】
ゴールドシップ(牡5)
厩舎:栗東・須貝尚介
父:ステイゴールド
母:ポイントフラッグ
母父:メジロマックイーン
馬主:小林英一
生産者:出口牧場
通算成績:18戦10勝(重賞8勝)
主な勝ち鞍:2012年有馬記念(GI)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す