スマートフォン版へ

凱旋門賞目指すハープスターは札幌記念から始動、松田博師「距離はこなせそうや」

  • 2014年05月29日(木) 12時00分
 オークスで2着に敗れたハープスターはレース後に直接、福島県のノーザンファーム天栄に移動。凱旋門賞・仏GI(10月5日・ロンシャン、芝2400m)を最大目標に掲げ、札幌記念(8月24日・札幌、芝2000m)から始動する。

 松田博師は「二千四百やから、もう少し前に行くと思っていた。(勝ち馬と)馬体が合う形ならまた違ったやろうけどな。でも、距離はこなせそうや」と回顧。レース後に左前脚の蹄鉄が外れかけていたことが判明したが「外れてしまった方が良かったのかもしれんが、蹄底の薄い馬だから、外れていても影響は大きかったと思う。幸い(爪は)どうもないよ」と無事を伝えた。

 なお、僚馬で7着のサングレアルもノーザンファーム天栄に移動。馬の状態を見て、今後のプランを決める予定だ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す