スマートフォン版へ

トゥザワールドは全兄との併せ馬に先着、川田「いい状態できた」/日本ダービー

デイリースポーツ
  • 2014年05月29日(木) 12時00分
 前走以上の出来は間違いない。皐月賞2着馬トゥザワールドは栗東CWで2週続けて全兄のトゥザグローリー(7歳オープン)との併せ馬。極上の切れ味で楽々と2馬身半の先着を決めた。“攻め”の調整で体調面はさらに上向き。史上最年少(28歳7か月18日)での5大クラシック完全制覇がかかる川田も、タイトル奪取に意欲満々だ。

 向正面はリードする兄を、2馬身後方から見ながら冷静に運ぶ。コーナーで徐々に差を詰め、先週同様に直線では内へ。残り1Fで並びかけると、そこからの走りが秀逸だった。研ぎ澄まされた極上の反応と切れ味を披露。ノーステッキで一気に2馬身半突き放し、6F81秒4-37秒9-11秒7をマークした。

「この馬本来の動きですね。気持ち良く(体を)動かせていましたよ」と川田が力強く言い切れば、池江師も合格点を与える。「皐月賞よりもいいんじゃないかなというくらいでした。前走も追い切り自体はしっかりとできていたんですが、若干、弥生賞の疲れも残っていましたからね。今回の方がビシッと追えていますし、より良くなったという感じですね」と話した。

 全6戦でコンビを組み4勝、2着2回と連対率は10割。主戦は「もともと完成度の高い馬だけど、全体的にひと回りたくましくなった。何でも器用にこなすし、初の2400mも左回りも心配ないです」と全幅の信頼を置く。「いい状態でダービーまできた。相手は強いが、この子が一番いい結果を得られるよう頑張りたい」。先週のオークスではハープスターで2着。先週の、そして皐月賞2着の雪辱を果たすべく、トゥザワールドを世代の頂点へと導く。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す