スマートフォン版へ

2着イスラボニータ、鞍上蛯名「秋にリベンジしたい」/日本ダービー

  • 2014年06月02日(月) 12時00分
 22回目の挑戦。数限りなく夢を見、ついに手が届きかけたダービーのVゴールが、非情にも逃げて行く。ラスト400m、イスラボニータは押し出される形で先頭に立った。その瞬間、ワンアンドオンリーが外から襲う。必死に抵抗したイスラだが、残り50mで力尽きた。

「枠順の差」。蛯名は悔しさを押し殺し、第一声を振り絞った。「内がいい馬場。こっちは外の分、楽に入って行けなかった。枠が逆なら着順も逆だった」と続けたが、負け惜しみとは言い切れない。

「やるべきことは全てやった。かわされても馬は抵抗したし、負けても強い内容。秋にリベンジしたい」。蛯名はショックを強靱な意志で振り払い、前を向いた。

 敗軍の将、栗田博師は冷静にレースを振り返った。「馬はよく頑張ってくれた。正義(蛯名)も苦労しながらなだめて乗ってくれた。皐月賞とは逆の立場。勝ち馬の目標にされた分の差が出たと思う」。

 力負けではないが、馬には生涯一度のチャンスを逸した。ついに悲願を達成した橋口師とは対照的な絵図。競馬の神様は時に、ドラマチックで残酷な演出をする。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す