スマートフォン版へ

イスラボニータは天皇賞・秋が目標、栗田師「オーナーサイドと協議し、天皇賞を目指すことに」

  • 2014年06月05日(木) 12時00分
 日本ダービーで2着に敗れたイスラボニータ(牡3歳、美浦・栗田博)は、5日に宮城県の山元トレセンに放牧される。その後は北海道千歳市の社台ファームに移動し、夏場は充電に充てる予定。秋は菊花賞には向かわず天皇賞・秋(11月2日・東京、2000m)を目指す。栗田博師は「オーナーサイドと協議し、天皇賞を目指すことに。毎日王冠(10月12日・東京、芝1800m)から本番へのローテが本線だが、元気が良過ぎるようなら札幌記念(8月24日・札幌、芝2000m)を使う可能性もある」と見通しを語った。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す