スマートフォン版へ

クラリティシチーの上原師は「何とか重賞を勝たせてあげたいんだ」/ラジオNIKKEI賞

  • 2014年07月01日(火) 12時00分
 クラリティシチーは2勝馬だが、実力的には上位の存在だ。3走前のスプリングSでは3着に入り、皐月賞にまで駒を進めた。結果は8着に敗れたものの、勝ったイスラボニータに0秒5差と健闘。一線級相手でも通用することを証明してみせた。

「春はちょっと厳しいローテーションになったが、本当によく頑張ってくれた。どんなレースでもしっかり走るタイプ。何とか重賞を勝たせてあげたいんだ」と上原師は力を込める。

 25日に行われた美浦Wの1週前追い切りは3頭併せ。道中の行きっぷりは抜群。直線鋭く伸びて、5F69秒5-40秒6-12秒8で併入した。文句なしの動きで、順調な仕上がりぶりをアピールした。

「この中間も順調。ここまで予定通りに調整できた。仕上がりは引き続きいいよ。スタートも上手になってきたし、福島コースも問題はない」ときっぱり言い切った。

 前走は先手を奪うと、そのまま力強く押し切って完勝した。「2勝馬といっても、戦ってきたメンバーが違う。前走のような競馬ができれば」と重賞初勝利に熱く燃えている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す