スマートフォン版へ

重賞初Vを目指すクラリティシチーは美浦Wでダイワファルコンと併せ馬/ラジオNIKKEI賞

  • 2014年07月03日(木) 12時00分
 オープンでも堅実な走りを見せてきたクラリティシチーが、待望の重賞初Vを目指して美浦Wで躍動した。

 最終デモは僚馬ダイワファルコン(7歳オープン)を6Fで約4馬身追走。ラスト1Fで内から馬体を並べるも、最後の追い比べでは1馬身先着を許した。ただ、相手は重賞2勝馬。動き自体は活気十分。6F84秒5-39秒5-12秒5と時計的にも上々だ。出走態勢は整っている。

「テンはゆっくり行ってしまいを伸ばす、イメージ通りのケイコができた。最後も離されずに食らいついていたし、内容としては良かった」と上原師は満足げに話す。

 今回は初の福島になるが「スタート難が解消した今なら、小回りコースは大丈夫。今度も先行力を生かして頑張りたい」と期待を寄せる。

 これまで8戦して[2-1-4-1]。唯一、掲示板を外した皐月賞8着も勝ち馬に0秒5差。今メンバーでは能力は上位にランクされる。念願の重賞タイトルを奪取し、飛躍への足掛かりとする。

 ミヤビジャスパーは栗東坂路で上がり重点。レースではイレ込みが鍵になるが、掛かることなく淡々と登坂した。4F55秒9-40秒6-12秒1。「初の遠征を考慮して、あまり苦しめないように調整した。追い切りではいつも掛からないが、レースに行くとイレ込む。そこは大人になってほしいね。春はクラシックに乗り損ねただけに、早めに賞金を加算させたい」と笹田師は前進を期待する。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す