スマートフォン版へ

ペガサスボスがデビュー戦制す、岩田「抜けてくる時の脚がすごかった」/中京新馬

  • 2014年07月07日(月) 12時00分
 父がディープインパクト、母が桜花賞馬のファイトガリバーの良血馬が初陣を飾った。中団から運んだ1番人気のペガサスボス(牡、栗東・矢作)が直線で外から力強く伸び、内の各馬を抜き去って1分40秒0のタイムでデビューV。3番人気のシングウィズジョイは勝ち馬の外から鋭く迫ったが、半馬身差の2着。さらに首差の3着には6番人気のアキトオリオンが入った。

 岩田は「仕掛けてから、抜けてくる時の脚がすごかった」と絶賛。矢作師も「まだ体も使えていないし、仕上げとしては七分程度。この状態で勝てたことが、すごくうれしい」と喜んだ。今後は新潟2歳S(8月31日・新潟、芝1600m)を視野に調整される。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す