スマートフォン版へ

マイネルラクリマが連覇に挑む/七夕賞の見どころ

  • 2014年07月07日(月) 12時01分
 夏の風物詩・七夕賞。ハンデ戦で、昨年は1番人気のマイネルラクリマが完勝するも2着以下が波乱の決着。今年はマイネルラクリマが連覇を達成するのか、それとも伏兵が勝ってハンデ戦らしく波乱を演出するのか。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

■7/13(日) 七夕賞(3歳上・GIII・福島芝2000m)

 マイネルラクリマ(牡6、美浦・上原博之厩舎)は昨年のこのレースの覇者。福島コースは最も相性が良いと言っても良い条件で、ハンデ次第も当然連覇の期待が掛かるところ。今回のメンバーなら勝ち負けに持ち込んできそうだ。

 ラブリーデイ(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)は昨秋の金鯱賞ウインバリアシオンに先着しているように、力はここでも上位。前走は取りこぼしてしまったが、得意の2000mで巻き返しての初重賞制覇の期待が掛かる。

 その他、ここ2走は二桁着順も、福島記念を連覇しているようにコース相性の良いダイワファルコン(牡7、美浦・上原博之厩舎)、近走不振も小回りで復活が期待されるメイショウナルト(セ6、栗東・武田博厩舎)なども出走を予定している。発走は15時45分。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す