スマートフォン版へ

ダコール中竹師「好結果を期待したい」/七夕賞

  • 2014年07月08日(火) 12時00分
 ダコールは前走のメイSが9カ月ぶりの実戦に加え、トップハンデを背負う厳しい条件。それでも0秒2差の3着に健闘し、改めて能力の高さを証明した。「前走は休養明けで少し力んでいたが、上々の内容だった。今回はガス抜きできたし、好結果を期待したい」と中竹師。ひと叩きされた上積みは大きく、栗東坂路の1週前追い切りでは4F53秒3-12秒9(一杯)と素軽い動きで好調をアピールした。「前走後は短期放牧を挟んでリフレッシュ。体つきががっちりとして、見た目にも充実している感じ」。ここまでGIII戦に限れば、(5)(3)(2)(3)(5)(4)(4)着と堅実な足跡。流れひとつで勝機はあるはずだ。

 ラブリーデイは1番人気に推された目黒記念で0秒2差の5着に惜敗。「ハンデ差が影響したのかもしれないが、結果的に距離が少し長かった可能性も」と池江師が言うように、決して力負けではなく、適条件に戻れば即座に巻き返しが可能だ。この中間も出来は高いレベルで安定。1週前追い切りは併走馬に手応えで見劣ったものの、栗東CWで6F83秒4-12秒2(一杯)をマークし、動きや伸び脚は十分に合格点を与えられるものだった。「いい状態を保っています。目黒記念は今回の舞台は問題ないし、そろそろ重賞を勝たせてやりたい。良馬場が理想ですね」。小回りコースも、小倉記念2着の実績があり望むところ。秋の飛躍を誓い、まずは初重賞を奪取する。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す