スマートフォン版へ

マイネルラクリマ上原師「前走よりもいい出来で臨めそう」/七夕賞

  • 2014年07月08日(火) 12時00分
 得意の舞台で今年もタイトル奪取を狙う。昨年は4角先頭の積極策から押し切り、1番人気に応えてみせたマイネルラクリマ。2着に2馬身半差は、近10年で最大の着差だった。福島芝2000mは重賞Vを含めて3戦2勝、2着1回。「福島は走るよね」と上原師もコース適性には絶対の自信を持つ。

 今年は5月に初の海外遠征を敢行し、香港の強豪が集うチャンピオンズマイルに挑戦。10着と完敗したが、帰国初戦のエプソムCでは2着と気を吐いた。「帰厩してからわずか10日での出走」と万全の態勢ではないにもかかわらず、勝ち馬ディサイファと同タイムでゴール。遠征を経て、精神的な強さを身につけたのだろう。

 前走後は中1週で宝塚記念への参戦が検討されたほどで、反動は一切なし。1週前追い切りも2日に美浦Wで6F87秒3-14秒5(馬なり)をマークしたのに続き、5日には同83秒6-12秒7(一杯)。「疲れがなかったから、使える状態だったけどね。オーナーの意向もあってこちらに。前走よりもいい出来で臨めそう」と指揮官は上積みを強調する。08、09年ミヤビランベリ以来の連覇へ、盤石の態勢で送り込む。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す