スマートフォン版へ

カゼノコがゴール寸前で差し切りGI初制覇、ハッピースプリント無念の2着/ジャパンダートダービー・大井

  • 2014年07月09日(水) 20時16分
 9日、大井競馬場で第16回ジャパンダートダービー(GI・3歳・ダ2000m・1着賞金4500万円)が行われ、後方でレースを進め、3〜4コーナーでポジションを上げた秋山真一郎騎手騎乗の2番人気カゼノコ(牡3、栗東・野中賢二厩舎)が、直線外から脚を伸ばして、13年ぶりの南関東3冠制覇を目指した地元の1番人気ハッピースプリント(牡3、大井・森下淳平厩舎)をゴール寸前で捕らえ、これにハナ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分3秒9(稍重)。

 さらに1/2馬身差の3着に6番人気フィールザスマート(牡3、美浦・新開幸一厩舎)が入った。なお、3番人気ランウェイワルツ(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)は5着に終わった。

 勝ったカゼノコは、父アグネスデジタル母タフネススターその父ラグビーボールという血統。JRAの500万・鳳雛Sに続く3連勝、ダートに限れば4走前の未勝利戦から4連勝で一気に3歳ダート王の座に登りつめた。

【勝ち馬プロフィール】
カゼノコ(牡3)
騎手:秋山真一郎
厩舎:栗東・野中賢二
父:アグネスデジタル
母:タフネススター
母父:ラグビーボール
馬主:ヌデ嶋孝司
生産者:田中裕之
通算成績:12戦4勝(重賞1勝)

【勝利ジョッキー・秋山真一郎騎手のコメント】
 ゴールした時はちょっとわかりませんでしたが、勝てて良かったです。スタートしてすぐに不利を受けて減速してしまったので、開き直って馬の走りたいようにいこうと思いました。手応えは良かったので、これなら反応してくれるかなと思いました。いい馬に乗せていただいて、関係者の方々に感謝しています。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す