スマートフォン版へ

スルターナの昆師はさらなる前進を期待「控えても大丈夫」/函館2歳S

  • 2014年07月17日(木) 12時00分
 デビュー戦をスピードの違いで押し切ったスルターナは、朝一番の函館Wで追い切られた。四位を背に僚馬キャノンプレート(2歳新馬)と併せ馬。これを1馬身半追走から、直線強めに追われて1馬身先着した。5F65秒7-38秒1-12秒8。

 鞍上は「いい動きだったね。(レースを)使うとすぐカッーとするようになる馬もいるけど、これはそういう馬じゃない。勝ってすぐに放牧に出たけど、大きく変わっていないし、具合はいいと思うよ」と好感触だ。

「変わらずいい状態だよ」と満足そうにうなずいた昆師は「新馬戦は1000mだからハナに行ったんだろうし、戦前はむしろ、1000mでは忙しいんじゃないかと思っていたくらい。牝馬の割におっとりしているから控えても大丈夫」とさらなる前進に期待を膨らませていた。

 アンブリカルは函館Wでアルマクレヨン(2歳新馬)と併せ馬。抑え切れない手応えで早々にパートナーをかわし去ると、直線も持ったままで半馬身先着した。5F67秒3-39秒9-13秒3。「終始楽だったし、モノが違う感じ。気合も入っているね」と菊地基助手は笑顔。「いいスピードがあるし、文句なしの状態だよ」と上々の感触を伝えた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す