スマートフォン版へ

トウショウピストの角田師は自信を持って「新馬戦より今回の方が順調」/函館2歳S

  • 2014年07月17日(木) 12時00分
 母が活躍した地で、息子が輝かしいキャリアをスタートさせる。トウショウピストの最終リハは、そんな期待感を十分に膨らませてくれるものだった。

 函館Wで3頭併せ。最後方からスタートしたが、1馬身半ずつあった間隔は、3角過ぎからみるみるうちに縮まった。直線はラスト100mで追いだされると、一気に相手を突き放し、5F67秒9-39秒7-12秒7のタイムで堂々先着。「先週しっかりやってあるので強めぐらい。道中フワフワするところがあるけど、きょうは始めからやる気で、ハミを取っていた。これで、当日テンションが上がり過ぎなければ」と池添は好感触を伝えた。

 母シーイズトウショウは04、05年函館スプリントSを制した(06年は2着)函館巧者。その背中を最もよく知る池添は「お母さんはさばきがだいぶ硬かったけど、こっちの方が柔らかい。身のこなしやフォームも柔らかいですね」と思わず表情が緩んだ。

 動きを見届けた角田師は、調教方針について池添の感触を重く裁量してきた。「ジョッキーに任せているが、先週しっかりやっているから、今週はサラッと。反応が良過ぎてすぐに抜けたね。フワフワするかと思ったら、そうでもなかったのも良かったね」と総括した。

 無傷の2連勝で重賞Vへ。「新馬戦は入厩して2〜3週の競馬だったけど、今度は中間ずっと在厩している。今回の方が順調」。トレーナーは自信を持って本番に臨む。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す