スマートフォン版へ

ゴールドシップ・ジャスタウェイの仏滞在厩舎が小林智厩舎に変更

  • 2014年08月10日(日) 12時00分
 凱旋門賞・仏GI(10月5日・ロンシャン)に挑戦する須貝厩舎の2頭、ゴールドシップジャスタウェイ(ともに牡5歳)の現地での受け入れ厩舎が、馬房設備の関係から変更となり、小林智厩舎に正式決定したことが、9日明らかになった。

 当初は昨年挑戦したキズナと同じパスカル・バリー厩舎を予定していたが、須貝師は「バリー厩舎は馬房にゴムを貼り付けられない。小林厩舎に協力していただき、了解を得た。脚元に何かあったら困るから」と変更の経緯について説明した。

 小林智厩舎は09年にフランスで開業。11年ヒルノダムール、12年、13年オルフェーヴルと、3年連続で凱旋門賞挑戦の日本馬を受け入れている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す