スマートフォン版へ

さあ凱旋門賞へ!ハープスターがゴールドシップとの対決を制す!/札幌記念

  • 2014年08月24日(日) 18時33分
 24日、札幌競馬場で札幌記念(3歳上・GII・芝2000m)が行われ、後方2番手でレースを進め、3〜4コーナーで前に取りついた川田将雅騎手騎乗の2番人気ハープスター(牝3、栗東・松田博資厩舎)が、直線で抜け出し、最後方から同じく捲ってきた1番人気ゴールドシップ(牡5、栗東・須貝尚介厩舎)の追撃を3/4馬身差退けて優勝した。勝ちタイムは1分59秒1(良)。

 ゴールドシップから5馬身離れた3着には、7番人気ホエールキャプチャ(牝6、美浦・田中清隆厩舎)が入った。なお、3番人気トウケイヘイロー(牡5、栗東・清水久詞厩舎)はいつもどおり先手を取ったものの、直線踏ん張れず11着に終わった。

 勝ったハープスターは、父ディープインパクト母ヒストリックスターその父ファルブラヴという血統。オークスではクビ差の惜敗を喫し2冠を逃したが、当初の予定どおり凱旋門賞挑戦を表明。ここで見事ゴールドシップを退けたことで、斤量面で圧倒的な恩恵がある本番への展望も大きく広がった。

川田将雅騎手コメント】
「跨って、良い状態だと感じました。スタートもついていけて、いいリズムでレースができました。3コーナーからポジションを上げていったのですが、上がっていくときも良い雰囲気でした。(凱旋門賞に向けて)目一杯の状態でもなく、得意ともいえないコースでこの内容、結果は嬉しい。このままいければと思います」

【勝ち馬プロフィール】
ハープスター(牝3)
騎手:川田将雅
厩舎:栗東・松田博資
父:ディープインパクト
母:ヒストリックスター
母父:ファルブラヴ
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:7戦5勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2014年桜花賞(GI)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す