スマートフォン版へ

ミュゼスルタンの大江原師「ここも楽しみにしている」/新潟2歳S

  • 2014年08月26日(火) 12時00分
 勝ち時計こそ平凡なミュゼスルタンだが、上がりはメンバー最速の33秒2を記録。内めをスムーズに立ち回ったレース内容から、器用さも兼ねそなえている。「新馬戦は内を突いて勝利。初めての競馬にもかかわらず、怖がらずに伸びてきた内容は評価できる。たいしたものだよ」と大江原師は満足げ。美浦Wの1週前追い切りでは6F81秒0-12秒8(一杯)のタイムで3馬身の先着を決め、グングン調子は上向き。馬体の張りも格段と良くなり、体質強化が目を見張る。「沈むようなフットワークをする馬で、エンジンもいい。ここも楽しみにしている」と、重賞Vへ指揮官は自信満々だ。

 未勝利、ダリア賞と連勝中のワキノヒビキ。特にダリア賞は後方から追い込み、2着以下に2馬身半差をつける圧巻の勝ちっぷり。能力の高さは疑いようがなく、重賞でも楽しみな一頭だ。栗東CWで行われた1週前追い切りは5F67秒1-11秒7(馬なり)。併走馬に3馬身半先着を果たし、素軽い脚さばきで活気も十分に感じられる。見届けた清水久師は「1週前は残り5Fから前の馬を目標に追いかけて、しっかりとしまいを伸ばす調教でした。いい動きでしたね」と明るい表情。続けて、「コースを経験しているのはプラスですし、1F延びるのも問題ないと思っていますよ」と不安なしを強調。3連勝へ向け視界は良好だ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す