スマートフォン版へ

中1週スマートオリオンの水出助手は体調に不安がないことを強調/キーンランドC

  • 2014年08月28日(木) 12時00分
 3月のオーシャンSに続く2つ目の重賞Vを狙うスマートオリオンが、札幌芝を軽快に駆け抜けた。単走、しまい重点の内容で5F69秒8-37秒4-12秒3をマーク。切れのあるフットワークが体調の良さを物語っていた。

 騎乗した水出助手は「上がり重点のケイコは予定通り。馬場の外を回ったもので、時計的にも十分でしょう」と納得の表情でうなずく。中1週での競馬となるが、「連闘で重賞を勝っている馬なので」と重賞初制覇を決めたオーシャンSを例に挙げ、体調に不安はないことを強調した。

 前走のUHB賞は勝ったマヤノリュウジンの切れに屈して2着に敗れたが、「トップハンデを背負っていたので」と悲観していない。2走前の函館スプリントSは直線で前があかずに9着だったものの、洋芝の北海道シリーズは4戦2勝2着1回と好成績。舞台相性の良さは証明済みだ。

 鞍上は今週から復帰する武豊。名手を背に、北の大地で躍進する。

 昨年の覇者フォーエバーマークは、札幌芝で併せ馬。シュンドルボン(3歳1000万下)を5Fで1秒8追走。差を徐々に詰めて、最後は馬体を併せてフィニッシュした。5F64秒2-35秒3-11秒6。「動きは良かったし、出来はいいので、あとは実戦でいいところを見せてくれれば」。手綱を取った村田は、7着に敗れたアイビスSDからの巻き返しを期待していた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す