スマートフォン版へ

独ダービーを11馬身差で圧勝したシーザムーンが故障のため引退

  • 2014年09月17日(水) 17時55分
 今年の独ダービーシーザムーン(牡3、独・M.クルーク厩舎)が、故障のため引退することがわかった。

 同馬は父Sea The Stars母Sanwaその父Monsunという血統。デビューから無敗のまま今年の独ダービーを11馬身差で圧勝し、各ブックメーカーの凱旋門賞前売りオッズで一時は1番人気になっていたものの、7日のバーデン大賞で2着に敗れた後に故障が判明。当初は来年の復帰を目指す予定だったが、それも難しいと判断したオーナーにより引退が決まった。

 今後は種牡馬入りを目指す予定。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す