スマートフォン版へ

現地専門紙、休み明けのジャスタウェイに危機説

  • 2014年10月01日(水) 18時00分
 凱旋門賞(10月5日、ロンシャン競馬場)が迫り、現地メディアも同レースの特集記事が組まれている。9月29日付けのフランスの競馬専門新聞「Paris Turf」紙では日本馬・ジャスタウェイを取り上げ、休み明けに対して危機説を唱えている。

「本番の前数ヶ月にブランクを置くことは、一般論として決してプラス材料にはならない。もちろん、世界で最も権威ある競走たる凱旋門賞においてもそうだ。むしろ、その傾向は他より強い」とし、6月以来、中119日となるジャスタウェイのローテーションを不安視した。

 過去の20年の凱旋門賞で最も前走との間隔が開いていた1995年のラムタラで「7月22日のキングジョージからの転戦だった」とし、過去10年のあいだにも同じようなローテーションで凱旋門賞に挑戦したアーネストヘミングウェイ(5月中旬以来で16着)やマダガン(6月末以来で9着)など、敗退した例をあげている。

 この記事を書いた記者は、結論は「ジャスタウェイの挑戦は“Mission Impossible(極めて危険で難しい任務)”。統計学からも(挑戦は難しいに)Yes」としながらも、ジャスタウェイをフレッシュな状態にするために、使わずにおくという決断をした須貝師に信頼を寄せることにする、とまとめていた。(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

ニュースコメントを表示するには、『コメント非表示』のチェックを外してください。

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 『コメント非表示』にチェックを入れると、すべてのニュース記事においてコメント欄が非表示となります。
  • ※チェックを外すと再びコメント欄を見ることができます。
    ※ブラウザを切り替えた際に設定が引き継がれない場合がございます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す