スマートフォン版へ

日本勢無念の完敗…今年未勝利のトレヴが復活の連覇/凱旋門賞

  • 2014年10月05日(日) 23時35分
 現地時間5日、フランス・ロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞(3歳上・牡牝・GI・芝2400m・20頭・1着賞金285万7000ユーロ)に、日本のジャスタウェイ(牡5、栗東・須貝尚介厩舎福永祐一騎手)、ゴールドシップ(牡5、栗東・須貝尚介厩舎横山典弘騎手)、ハープスター(牝3、栗東・松田博資厩舎、川田将雅騎手)が出走。

 レースは、ジャスタウェイが中団グループの最後尾、ハープスターが後方2番手、ゴールドシップが最後方といずれも後ろから進める形に。フォルスストレートでゴールドシップは外に出してスパートを開始し、ハープスターも直線手前で外へ動き、ジャスタウェイは内を突くが、直線に入り好位のインでレースを進めていたT.ジャルネ騎手騎乗のトレヴ(牝4、仏・C.ヘッドマーレック厩舎)が先頭に立って後続との差を広げていく。結果、そのまま抜け出したトレヴが36年ぶりの凱旋門賞連覇を達成することとなった。勝ちタイムは2分26秒05。

 2馬身差の2着にはフリントシャー(牡4、仏・A.ファーブル厩舎)、さらに1.1/4馬身差の3着にはタグルーダ(牝3、英・J.ゴスデン厩舎)が入った。

 日本勢はハープスターが外からかなりの伸び脚を見せるも6着、ジャスタウェイが8着、ゴールドシップが14着という結果となった。

 全着順は以下の通り。

1着トレヴ(牝4、仏・C.ヘッドマーレック厩舎)
2着フリントシャー(牡4、仏・A.ファーブル厩舎)
3着タグルーダ(牝3、英・J.ゴスデン厩舎)
4着キングトンヒル(牡3、英・R.ヴェリアン厩舎)
5着ドルニヤ(牝3、仏・A.ドゥロワイエデュプレ厩舎)
6着ハープスター(牝3、栗東・松田博資厩舎)
7着プランスジブラルタル(牡3、仏・JC.ルジェ厩舎)
8着ジャスタウェイ(牡5、栗東・須貝尚介厩舎)
9着ルーラーオブザワールド(牡4、愛・A.オブライエン厩舎)
10着アルカジーム(牡6、英・R.チャールトン厩舎)
11着アヴニールセルタン(牝3、仏・JC.ルジェ厩舎)
12着シルジャンズサガ(牝4、仏・J.ゴーヴァン厩舎)
13着タペストリー(牝3、愛・A.オブライエン厩舎)
14着ゴールドシップ(牡5、栗東・須貝尚介厩舎)
15着チキータ(牝4、愛・A.オブライエン厩舎)
16着スピリットジム(牡4、仏・P.バリー厩舎)
17着エクト(牡3、仏・E.ルルーシュ厩舎)
18着アイヴァンホウ(牡4、独・J.カルヴァーリョ厩舎)
19着フリーポートラックス(牡3、仏・F.ヘッド厩舎)
20着モンヴィロン(牡3、仏・E.ルルーシュ厩舎)

【日本馬プロフィール】
ジャスタウェイ(牡5)
騎手:福永祐一
厩舎:栗東・須貝尚介
父:ハーツクライ
母:シビル
母父:Wild Again
馬主:大和屋暁
生産者:社台コーポレーション白老ファーム
通算成績:20戦6勝(重賞5勝)
主な勝ち鞍:2013年天皇賞・秋(GI)

ゴールドシップ(牡5)
騎手:横山典弘
厩舎:栗東・須貝尚介
父:ステイゴールド
母:ポイントフラッグ
母父:メジロマックイーン
馬主:合同会社小林英一ホールディングス
生産者:出口牧場
通算成績:21戦11勝(重賞9勝)
主な勝ち鞍:2012年有馬記念(GI)

ハープスター(牝3)
騎手:川田将雅
厩舎:栗東・松田博資
父:ディープインパクト
母:ヒストリックスター
母父:ファルブラヴ
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:8戦5勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2014年桜花賞(GI)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す