スマートフォン版へ

ティルナノーグが連勝、武豊「すごいね。キズナみたい」/紫菊賞

  • 2014年10月19日(日) 12時00分
 怪物クロフネのレコードを破って2連勝。クラシック候補の呼び声高い2番人気のティルナノーグ(栗東・松永幹)が、ディープインパクト産駒らしい決め手を発揮して注目の一戦を制した。道中は7頭立ての最後方でじっくり構えて、直線で外に持ち出すと自慢の末脚が全開。勝ちパターンだった1番人気のトーセンバジル(2着)を首差とらえてゴールした。勝ちタイムは2分0秒5。さらに3馬身差の3着には4番人気のレントラーが入った。

 武豊は「成長を感じた。すごいね。(13年ダービー馬で同じノースヒルズ生産の)キズナみたい」と絶賛。今後はラジオNIKKEI杯京都2歳S(11月29日・京都、芝2000m)を目指す。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す