スマートフォン版へ

【メルボルンC】(豪G1)〜アドマイヤラクティ22着、レース後に死亡

  • 2014年11月04日(火) 16時30分
 4日(火)にオーストラリア・フレミントン競馬場で行われたメルボルンカップ(G1、芝3200m、22頭立て)が行われた。優勝はドイツのプロテクショニスト。勝ちタイムは3分17秒71(良)、勝利騎手はライアン・ムーア。

 日本から参戦したアドマイヤラクティ(牡7、栗東・梅田智之厩舎)は、道中2番手を追走するも、4コーナーを前に失速し、最下位の22着でゴールした。

 梅田智之調教師のコメント「レース後から馬の様子がおかしかったのですが、その後、馬房の中で倒れて死亡しました。日本からわざわざファンもたくさん駆けつけてくれましたが、このような結果となってしまい、大変残念です」

(JRA発表)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す