スマートフォン版へ

シャイニングレイが3馬身半差の楽勝で初陣飾る/京都新馬

  • 2014年11月09日(日) 12時52分
 9日、京都競馬場5Rで新馬戦(2歳・芝2000m・10頭)が行われ、差のない2番手でレースを進め、4コーナーで先頭に立った川田将雅騎手騎乗の2番人気シャイニングレイ(牡2、栗東・高野友和厩舎)が、直線で後続を突き放し、道中逃げた、1番人気クロイツェル(牡2、栗東・須貝尚介厩舎)に3.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分4秒1(良)。

 さらにクビ差の3着に5番人気アドマイヤスカイ(牡2、栗東・橋田満厩舎)が入った。なお、3番人気ブロードキャスト(牡2、栗東・中竹和也厩舎)は5着に終わった。

 勝ったシャイニングレイは、父ディープインパクト母シェルズレイその父クロフネという血統。

【勝ち馬プロフィール】
シャイニングレイ(牡2)
騎手:川田将雅
厩舎:栗東・高野友和
父:ディープインパクト
母:シェルズレイ
母父:クロフネ
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す