スマートフォン版へ

ストレイトガール3着 地元のエアロヴェロシティが逃げ切りV/香港スプリント

  • 2014年12月14日(日) 18時05分
 現地時間14日、香港・シャティン競馬場で行われた香港スプリント(3歳上・GI・芝1200m・14頭・1着賞金1054万5000香港$)に、日本のスノードラゴン(牡6、美浦・高木登厩舎大野拓弥騎手)、ストレイトガール(牝5、栗東・藤原英昭厩舎岩田康誠騎手)、リトルゲルダ(牝5、栗東・鮫島一歩厩舎・M.デムーロ騎手)が出走。

 レースは、ストレイトガールが中団の前、リトルゲルダは中団後方、スノードラゴンは最後方から進める展開に。直線に入って、ストレイトガールが外に出して脚を伸ばし、逃げるZ.パートン騎手騎乗のエアロヴェロシティ(セ6、香港・P.オサリバン厩舎)らとの差を詰めたものの、捕まえるまでには至らず、結果3着でのゴールとなった。直線勝負に賭けたスノードラゴンは8着、リトルゲルダは14着に終わった。

 勝ったのはエアロヴェロシティ。2着はペニアフォビア(セ3、香港・A.クルーズ厩舎)だった。勝ちタイムは1分08秒57。

ストレイトガールを管理する藤原英調教師】
外枠でもベストポジションがとれて、ハマったと思ったけど、残られたらしょうがない。勝ちパターンに持ち込めたのは、岩田の経験のなせるワザ。でもさすがに勝った馬が強かった。

スノードラゴンを管理する高木調教師】
ゲートでまわりの馬が暴れいたみたいで、ずいぶん待たされて、スタートからリズムが悪かった。前も流れていたし、うまく外には出せて、来るかと思ったんだけど、手前を変えられなかった。悪い時と同じパターンでした。

リトルゲルダに騎乗したM.デムーロ】
いつものこの馬ではなかった。最後は手前を何度も変えていて、左前脚に違和感があった。

【日本馬プロフィール】
スノードラゴン(牡6)
騎手:大野拓弥
厩舎:美浦・高木登
父:アドマイヤコジーン
母:マイネカプリース
母父:タヤスツヨシ
馬主:岡田牧雄
生産者:イワミ牧場
通算成績:36戦8勝(重賞1勝)
主な勝ち鞍:2014年スプリンターズS(GI)

ストレイトガール(牝5)
騎手:岩田康誠
厩舎:栗東・藤原英昭
父:フジキセキ
母:ネヴァーピリオド
母父:タイキシャトル
馬主:廣崎利洋
生産者:岡本牧場
通算成績:24戦8勝(重賞1勝)
主な勝ち鞍:2014年シルクロードS(GIII)

リトルゲルダ(牝5)
騎手:M.デムーロ
厩舎:栗東・鮫島一歩
父:Closing Argument
母:Bijoux Miss
母父:Buddha
馬主:栗山良子
生産者:Dapple Bloodstock
通算成績:21戦7勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2014年セントウルS(GII)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す