スマートフォン版へ

グランプリボス3着・ワールドエース4着 断然人気のエイブルフレンドが圧勝/香港マイル

  • 2014年12月14日(日) 18時10分
 現地時間14日、香港・シャティン競馬場で行われた香港マイル(3歳上・GI・芝1600m・10頭・1着賞金1311万香港$)に、日本のグランプリボス(牡6、栗東・矢作芳人厩舎岩田康誠騎手)、フィエロ(牡5、栗東・藤原英昭厩舎福永祐一騎手)、ワールドエース(牡5、栗東・池江泰寿厩舎・Z.パートン騎手)、ハナズゴール(牝5、美浦・加藤和宏厩舎・N.ローウィラー騎手)が出走。

 レースは、日本勢が全て中団から進める展開に。直線に入り、内からワールドエースフィエログランプリボスが並んで前を追う形となったが、後方でレースを進めたJ.モレイラ騎手騎乗のエイブルフレンド(セ5、香港・J.ムーア厩舎)が一気に外から突き抜けた。エイブルフレンドには差をつけられたものの、3頭も止まらず逃げ粘るゴールドファン(セ5、香港・R.ギブソン厩舎)に迫り、結果グランプリボスが僅差の3着、ワールドエースが4着、フィエロが6着に入った(2着はゴールドファン)。直線で外に持ち出したハナズゴールは8着だった。勝ちタイムは1分33秒49。

グランプリボスを管理する矢作調教師】
パドックの雰囲気を見ても、できていたと思いました。意外性のある馬なので、人気がなかったのはよかったと思います。馬群の中を割ったほうが闘志がわく馬なので、そのとおり乗ってくれて、2着はあったと思ったんですが・・・。

初めてGIをとらせてもらって、海外遠征などありがたい経験をさせてもらった馬で、感謝してもしきれない。これだけの馬格を持った馬なので、いい種馬になってほしい。

フィエロを管理する藤原英調教師】
勝った馬は強かった。4コーナーでもう少しスムーズに出られればよかったんだけど、まあそれでもがんばってくれた。また挑戦したいですね。

ハナズゴールを管理する加藤和調教師】
もう少しペースが速くなって、うしろからリラックスして競馬ができればよかったんだけど、それでもよくがんばってくれました。

【日本馬プロフィール】
グランプリボス(牡6)
騎手:岩田康誠
厩舎:栗東・矢作芳人
父:サクラバクシンオー
母:ロージーミスト
母父:サンデーサイレンス
馬主:グランプリ
生産者:ノーザンファーム
通算成績:28戦6勝(重賞5勝)
主な勝ち鞍:2011年NHKマイルC(GI)

フィエロ(牡5)
騎手:福永祐一
厩舎:栗東・藤原英昭
父:ディープインパクト
母:ルビー
母父:デインヒル
馬主:金子真人ホールディングス
生産者:社台ファーム
通算成績:13戦5勝

ワールドエース(牡5)
騎手:Z.パートン
厩舎:栗東・池江泰寿
父:ディープインパクト
母:マンデラ
母父:Acatenango
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
通算成績:12戦4勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2014年マイラーズC(GII)

ハナズゴール(牝5)
騎手:N.ローウィラー
厩舎:美浦・加藤和宏
父:オレハマッテルゼ
母:シャンハイジェル
母父:シャンハイ
馬主:M.タバート
生産者:不二牧場
通算成績:25戦6勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:2014年オールエイジドS(GI)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す