スマートフォン版へ

アルキメデスは7着 デザインズオンロームが叩き合いを制しV/香港C

  • 2014年12月14日(日) 18時15分
 現地時間14日、香港・シャティン競馬場で行われた香港C(3歳上・GI・芝2000m・12頭・1着賞金1425万香港$)に、日本のアルキメデス(牡5、栗東・藤原英昭厩舎岩田康誠騎手)が出走。

 アルキメデスは中団の内でレースを進め、直線でも内を突いて一時は3番手争いに加わったが、最後まで伸びきるはできず、結果7着に終わった。

 勝ったのはゴール前の激しい叩き合いをわずかに制したJ.モレイラ騎手騎乗のデザインズオンローム(セ4、香港・J.ムーア厩舎)。2着はミリタリーアタック(セ6、香港・C.ファウンズ厩舎)、3着はクライテリオン(牡4、豪・D.ヘイズ厩舎)だった。勝ちタイムは2分01秒96。

アルキメデスを管理する藤原英調教師】
内枠を利用して、あのポジションで、4コーナーを回って詰まるのもわかっていたし、そこから抜け出せればと思ったんだけど、力が足りなかった。1、2着の馬は強かった。たまたまで勝てるほど甘くはないということ。ここ(香港)は毎年狙っているんだけど、勝つのはそれほど簡単なことではない。また来年、勝てるようにがんばります。

アルキメデスに騎乗した岩田康誠騎手
久々のぶん、馬が力んで走っていた。

【日本馬プロフィール】
アルキメデス(牡5)
騎手:岩田康誠
厩舎:栗東・藤原英昭
父:アドマイヤムーン
母:アーキオロジー
母父:Seeking the Gold
馬主:H.H.シェイク・モハメド
生産者:ダーレー・ジャパン・ファーム
通算成績:14戦6勝(重賞1勝)
主な勝ち鞍:2013年朝日チャレンジC(GIII)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す