スマートフォン版へ

キズナ来年の有馬記念で引退/ノースヒルズ前田氏×武豊騎手トークショー

  • 2014年12月19日(金) 15時47分
 12月18日(木)、新刊『世界一の馬をつくる』の発売を記念して、著者でありオーナーブリーダーの前田幸治氏と、キズナの主戦・武豊騎手とのトークショーが大阪で開かれた。

 先着150名の参加チケットは、1週間も経たないうちに完売。平日の夜、学校や会社帰りの20代〜30代の男女を中心としたファンが詰めかけた。

 冒頭に、編集協力をしたライターの島田明宏さんから「ノースヒルズ見聞録」と題し、「ノースヒルズや大山ヒルズのスタッフは、“馬乗りのプロ”であるだけでなく“競馬のプロ”である」といった取材で感じられた話が紹介された。

 いよいよ前田氏と武騎手が登場すると、多くの人がスターのツーショットをカメラに収めようと立ち上がった。

 武騎手は、前田氏の尊敬する点を聞かれると「情熱と明確な目標を持たれている。周囲の人が、『オーナーの夢をなんとか叶えられるようにがんばりたい!』と努力するような、人を動かす力がある」と語った。

 武騎手自身も、前田氏の初GI制覇の夢を98年桜花賞ファレノプシスとともに叶えた。それに答えるように前田氏は「武騎手が自分の馬に乗ると、ワクワクします。夢は凱旋門賞を武騎手と共にキズナで勝つことです」と、生産馬での夢を明言すると、会場からは拍手が沸き起こった。

 キズナは今年の天皇賞・春の後に骨折が判明し休養していたが、先週12日(金)に栗東トレセンに帰厩。武騎手は「昨日トレセンで見てきましたが、一段と逞しい体になっていました。骨折をした後は、その箇所以外でも体調を崩しやすいんですが、キズナは順調で、大山ヒルズのスタッフの努力やケアの良さを感じました」と目を輝かせた。

 前田氏は「調教師と話をし、キズナの復帰後のローテーションも決まりました」と発表。2月15日の京都記念で復帰初戦を迎え、産経大阪杯天皇賞・春宝塚記念と進み、大山ヒルズを経由して渡仏。フォワ賞から凱旋門賞へと挑戦する予定。帰国後は「状態を見ながらですが、ラストランに有馬記念を使って、引退式を行いたい」ということだ。

 トークショー後の質問コーナーで、学生から「将来牧場で働きたいが、大切なことは?」と聞かれた前田氏は「真面目なことと、競馬が好きなこと。ぜひうちの牧場へ」とラブコールを送った。また、小学生の男の子から「どうやったら強い騎手になれますか?」と聞かれた武騎手は「真面目に努力すること。がんばってください」と丁寧に答えた。

 何度も拍手と笑いが起こったトークショー。最後に、第80回日本ダービーキズナで優勝した武騎手は「第100回の日本ダービーには、キズナの子で出走したいですね」と夢を語った。

 前田氏と武騎手の夢を結ぶキズナ。夢は、来秋の凱旋門賞だけでなく、さらにその先へと広がり、新刊の副題の通り「チームノースヒルズの飽くなき挑戦」は続く。

(取材・写真:大恵陽子)

■『世界一の馬をつくる』のご購入はAMAZON(別サイトへ移動します)へ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す