スマートフォン版へ

レッドキングダムが差し切り、人馬ともにJ・GI初制覇!/中山大障害

  • 2014年12月20日(土) 17時43分
 20日、中山競馬場で中山大障害(3歳上・JGI・障害4100m)が行われ、中団でレースを進め、最終障害手前で3番手に上がった北沢伸也騎手騎乗の4番人気レッドキングダム(牡5、栗東・松永幹夫厩舎)が、これを越えて一気に脚を伸ばし、2番手追走から一旦先頭に立っていた1番人気アポロマーベリック(牡5、美浦・堀井雅広厩舎)を直線で捕らえて優勝した。勝ちタイムは4分41秒0(良)。

 3馬身差の2着はアポロマーベリック、さらに5馬身差の3着には3番人気サンレイデューク(牡6、栗東・高橋義忠厩舎)が入った。なお、2番人気オースミムーン(牡5、栗東・小野幸治厩舎)は5着に終わった。また、13番人気クリノテンペスタ(牡7、美浦・高橋義博厩舎)は落馬により競走を中止した。完走は12頭。

 勝ったレッドキングダムは、父ディープインパクト母プラウドビューティー、その父Danehillという血統。障害入り後8戦目で、初めてのジャンプ重賞制覇にしてJ・GI勝ちを決めた。また、鞍上の北沢伸也騎手にとってもこれが初めてのJ・GI制覇となった。

【勝ち馬プロフィール】
レッドキングダム(牡5)
騎手:北沢伸也
厩舎:栗東・松永幹夫
父:ディープインパクト
母:プラウドビューティー
母父:Danehill
馬主:東京ホースレーシング
生産者:社台ファーム
通算成績:29戦6勝(重賞1勝)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す