スマートフォン版へ

シャイニングレイが好位から抜け出し完勝 デビュー2連勝で重賞V!/ホープフルS

  • 2014年12月28日(日) 17時40分
 28日、中山競馬場でホープフルS(2歳・牡牝・GII・芝2000m)が行われ、好位でレースを進めた川田将雅騎手騎乗の2番人気シャイニングレイ(牡2、栗東・高野友和厩舎)が、直線で前を捕らえて抜け出し優勝した。勝ちタイムは2分1秒9(良)。

 1.1/4馬身差の2着は好位追走から食い下がった8番人気コメート(牡2、美浦・土田稔厩舎)と内の狭いところを抜けてきた9番人気ブラックバゴ(牡2、美浦・斎藤誠厩舎)の際どい争いとなったが、コメートに軍配が上がった。ハナ差でブラックバゴが3着。なお、1番人気ダノンメジャー(牡2、栗東・橋口弘次郎厩舎)は9着、3番人気ティルナノーグ(牡2、栗東・松永幹夫厩舎)は10着(同着)に終わった。

 勝ったシャイニングレイは、父ディープインパクト母シェルズレイその父クロフネという血統。11月9日の新馬戦に続くデビュー2連勝で重賞制覇を果たした。

【勝ち馬プロフィール】
シャイニングレイ(牡2)
騎手:川田将雅
厩舎:栗東・高野友和
父:ディープインパクト
母:シェルズレイ
母父:クロフネ
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:2戦2勝(重賞1勝)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す