スマートフォン版へ

仕切り直しとなるナヴィオンに橋口師「きれいな馬場で巻き返します」/シンザン記念

  • 2015年01月06日(火) 12時00分
 反撃を期した朝日杯FS。中団から勝機をうかがったナヴィオンだったが、自慢の末脚が不発に終わり、11着に敗れた。レース後の検量室。やや呆れ顔の福永が、淡々とした口調で話した。「かわいそうなぐらいノメっていた」。当日の天気は回復傾向にあったが、レース時の馬場コンディションは稍重。パートナーの力を信じて勝利を目指したが、切れ味という最大の武器を奪われてはお手上げだった。

 この中間は厩舎で調整し、1週前追い切りは、5日に栗東坂路で4F57秒1-13秒7(馬なり)をマーク。活気あふれるフットワークで坂を駆け上がった。「いつもと変わりはありません。カイバもよく食べていますからね」と橋口師。巻き返しに燃える指揮官は、天に届くほどの力強い口調できっぱりと宣言した。「きれいな馬場で巻き返します!」。仕切り直しの1戦。今度こそVをつかんでみせる。

 朝日杯FSは17着に終わったメイショウマサカゼ。一気の距離延長、GIと条件が厳しかったが、本田師は「前走は馬場入りからごねていたし、イレ込んで力を出せなかった。普段はおとなしいが、スイッチが入ると一変してしまう」と敗因は気性面であることを説明。巻き返しに向けた1週前追い切りは、3日に栗東Eで6F84秒9-12秒1(馬なり)をマーク。出来落ちはなく、好調をキープしている。「今度はメンコの装着や二人引きにするなど工夫する。脚はあるので落ち着いて臨めれば」と指揮官は反撃を誓っていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す