スマートフォン版へ

中2週と間隔を詰めて臨むソールインパクトに戸田師「回復も早くなっている」/京成杯

  • 2015年01月13日(火) 12時00分
 陣営の期待度と秘める素質の高さは、これまで刻んできた蹄跡が物語っている。ソールインパクトは3戦目に勝ち上がったあと、東スポ杯2歳S(3着)にホープフルS(4着)と重賞へ挑戦。自己条件ではなく、あえて強敵にぶつけてきた。

「本当はホープフルSで賞金を加算したかった」と戸田師は悔しそうに振り返るが、その前走の着差はわずか0秒2。前々走も「早めに仕掛けたら一気に先頭に立ってしまって…。失敗した」と、当時騎乗した福永が唇をかんだ内容での0秒1差だ。今回は昨年リーディング1位の戸崎圭とコンビを初結成。この鞍上起用もまた、今度こそという意気込みの表れと見ていい。

「芦毛のディープインパクト産駒は走る馬が多い」

 これは関東を代表するトレーナー・国枝師が昨年の朝日杯FSの前に披露した分析だ。なるほど、その言葉通りに同レースを管理馬ダノンプラチナが制したほか、13年秋華賞2着スマートレイアー、デビュー5連勝を飾ったエイシンヒカリなどこれまでJRAでデビューした14頭のうち5頭がオープン馬へ飛躍している。ソールインパクトも続きたい。

 重賞奪取へ向けた1週前追い切りは、美浦Wでパートナーを手応えで圧倒。5F68秒3-13秒4(馬なり)のタイムを計時した。2戦目以降は毎回、中4週のゆったりしたローテで使われてきた馬が、今回は初めて中2週と間隔を詰めて臨む。これは「レースを使ったあとも落ち着いている。回復も早くなっている」(戸田師)と、心身両面の成長が背景にあるからだ。初タイトルへ態勢は万全-。頼れる鞍上を背に、中山の直線を突き抜ける。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す