スマートフォン版へ

ベルーフが大外一気V、川田「夢が広がります」/京成杯

  • 2015年01月19日(月) 12時00分
 豪快に突き抜けた。「第55回京成杯・GIII」(芝2000m)は18日、中山11Rに17頭で争われ、直線で大外に持ち出した3番人気のベルーフ(栗東・池江)が2分2秒3のタイムで重賞初勝利を飾った。しっかりと脚を温存して急坂で力強く加速し、横一線の激戦となったゴール前の攻防を制した。ハービンジャー産駒はJRA重賞初制覇。なお、鼻差の2着は中団から差を詰めた1番人気のブラックバゴ、さらに首差の3着が6番人気のクルーガーだった。

 皐月賞と同じ舞台でベルーフが初タイトルをもぎ取った。大外枠の不利も素質馬には関係ない。4角の入り口で進路が狭くなって、いったん控えるシーンもあったが、すぐに立て直して大外からエンジン全開。メンバー最速タイの上がり3F34秒8で、先に抜け出したライバルをまとめて差し切った。

「ゴールの瞬間まで(勝ったか)分からなかった」と川田は振り返る。デビューから2000mにこだわって4戦3勝、2着1回。「楽な展開ではなかったけど、きょうはだいぶ真面目に走ってくれた。少しずつ大人になりながら成長してくれれば。これだけいい勝ち方をしてくれたら夢が広がります」と将来性を評価した。

 母レクレドールの全兄は名種牡馬ステイゴールドで、いずれも池江師の父・池江泰郎元調教師が管理した。師は「気性の成長が課題だったけど、スタッフが考えながらやってくれた。ジョッキーもうまくさばいてくれたね」と労をねぎらう。次走は未定で、今後は滋賀県のノーザンファームしがらきに放牧へ。心身両面の成長を促し、春の大舞台へ向かう。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す