スマートフォン版へ

ゴールドシップは引き続き岩田で阪神大賞典へ、ドバイへは「行きません」と須貝師

  • 2015年01月29日(木) 19時30分
 15年始動戦となったAJCCで7着に敗れたゴールドシップ(牡6歳、栗東・須貝)は、連覇がかかる阪神大賞典(3月22日・阪神、芝3000m)に向かうことになった。須貝師は「(引き続き鞍上は)岩田でいく。レース後もケロッとしている」と説明。29日に滋賀県の吉澤ステーブルWESTに放牧に出される予定だ。なお、登録しているドバイシーマクラシック(3月28日・UAEメイダン)については「行きません」と明言。上半期は、史上初となる宝塚記念(6月28日・阪神、芝2200m)の3連覇を最大目標に調整される。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す