スマートフォン版へ

アッシュゴールド鞍上池添「体の成長も感じる」/きさらぎ賞

  • 2015年02月03日(火) 18時00分
 偉大な兄オルフェーヴルに続き、何としてもクラシックへの道を切り開きたい。期待の良血馬アッシュゴールドが重賞初制覇をもくろむ。

 敗戦を糧に奮起するのみだ。前走の朝日杯FSは8着に終わったが、池添は力負けとは思っていない。「若さが出ましたね。汗もびっしょり。返し馬から自分をコントロールできず、レース前に消耗していた」と振り返る。課題は気性の幼さから来る口向きの悪さ。「でも、(助手の)森澤さんがハミを工夫したり、イチからやり直してくれている。進歩していると思いますよ」。オルフェーヴルを担当していた腕利きの立て直しに期待を寄せる。

 1週前追い切りは栗東坂路でダノンカモン(9歳オープン)と併せ馬。4F54秒3-13秒6(一杯)だったが、気難しい面を見せて、ラストはバッタリ。僚馬にあっさり突き放され、2馬身遅れた。苦手な重い馬場に加え、耳まですっぽり覆うメンコの着用も逆効果だった様子。酌量の余地はあるだろう。

「まだ体も太めだったし、メンコのせいか、落ち着き過ぎてもいましたね。でも、フットワークは変わらず柔らかかった。体の成長も感じる」と池添は前向きだ。兄譲りの爆発力をフルに発揮できれば、おのずとタイトルは転がり込んでくる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す